ETCの利用方法

高速道路をノンストップで快適に走行するための手順や、安全なドライブのための注意点などを詳しくご説明いたします。

ETCカードの使い方

ETCカードは持っているだけでは使用できません。車載器に確実に差し込むことで料金所での無線通信が可能となります。乗車前には忘れずにETCカードを挿入し、通信可能になったことを確認してください。カードの差し込み不良による通信エラーが多発しているのでチェックをお忘れなく!また、走行中の強引なカードの抜き差しもタブーです。カードは走行前にしっかり差し込み、車両を降りる時に抜く習慣をつけてしまいましょう。

  

料金所が近づいてきたら・・・

ETC車は、「ETC専用レーン」または「ETC/一般レーン」に進入します。いずれも安全確認を怠らず20km以下に減速をして車間距離をとって進みます。カードを忘れた場合は「一般レーン」に入って通行券を受け取り料金を支払います。料金所の手前で慌ててカードを差し込むことは絶対にしないこと!誤作動の原因となりデータが消失したり、カードの使用ができなくなる恐れさえあります。また、不備や故障に気づかずETCレーンに入った場合、通信エラーメッセージが表示されます。危険なのでバックすることは絶対に避けてください。停車して係員の指示を待ちます。後続車や大勢のドライバーの迷惑となりますので、くれぐれも注意してください。

  

通過する前の注意点

ETCレーンの開閉バーが開いたのを確認して進みましょう。しっかり安全確認をして、いつでも停車できるよう20km以下で走行します。装備ミスや故障などの原因で正常に通信が行われないこともありますし、前の車両が突然停止する場合もあるでしょう。これによって止まりきれずに追突した場合、後続車側も責任を問われることになるので要注意!事故やバーの折損が多発しています。全てドライバーの過失となりますし、折損の場合は、バー1本に対して6万5千円も請求されてしまいます。20km以下の安全速度を必ず守りましょう。ルールを守ることで安全で快適なドライブが約束されます。

  

ETC未対応の料金所では・・・

残念ながらノンストップでの通過はできません。ただし、ETCカードでの支払いは可能となります。この場合、料金所で停止して係員にETCカードを渡してください。精算は通常通り、後日クレジット決算されますので、キャッシュレスで通過することができます。

入口または出口がETC未対応の料金所では・・・

入口はノンストップで通過できたのに、出口にETCレーンが無い場合、一旦料金所で停止して係員にETCカードを渡して精算します。また、入口がETC未対応だった場合、出口にETCレーンがあっても利用できません。この場合は、入口で通行券を受け取り、出口は一般ゲートに並びます。係員にETCカードと通行券を渡して精算してください。

ページの先頭へ


お申し込み
NEXCO中日本【プレミアムドライバーズカード 年会費 限度額 カード発行 コメント
初年度無料
(次年度からも1回の使用で無料)
-
-
提携レジャー施設で会員優待あり。落下物車両損傷お見舞金制度あり。