初期費用&導入方法

ETCを利用する際にかかる初期費用として、クレジット会社の入会金と年会費があります。また、車載器の購入代や車載器への情報入力などのセットアップ費用が必要となります。初期費用の目安や手続き方法・流れなどを詳しくご紹介いたします。

ETC利用料金はクレジットカードで後日決算するため、ETC支払い機能付きのクレジットカードが必要となります。カードには、ICチップと車載器との接続端子が埋め込まれた「ETC専用カード」と、ショッピング機能付きのクレジットカードである「一体型ETCカード」があります。ETC専用カードの場合は、クレジットカードとETC専用カードの2枚が発行されることになり、いずれもクレジット会社の審査の対象となります。ETC利用料金は、ショッピング一括払いの取り扱いとしてクレジットカードの利用残高に合算されます。つまり、クレジット契約あってのETCカードなのです。入会金と年会費は永年無料もありますが、カードのタイプやカード会社によって異なります。また、クレジット契約ができない方のために委託金契約で発行される「ETCパーソナルカード」もありますが、問題点が多く年会費も高いことから、あまり普及していないのが現状です。さらに、大口や多頻度割引となる「ETCコーポレートカード」もあります。

車載器の購入

  

車載器は、自動車ディーラーまたはカーショップ、インターネットなどで扱っています。機能やメーカーによって異なりますが、10,000円前後の商品が多く、価格の相場は、6,000円〜30,000円前後です。また、車載器には、無線通信が行われるアンテナとETCカードを挿入する本体が一体化した「2ピースタイプ」と、分離した「3ピースタイプ」の2種類があります。さらに、「ビルトインタイプ」、「カーナビ連動タイプ」があります。

一体化タイプの特徴
まず、一体型のメリットとして、費用が安く取り付けが簡単であること。さらに、液晶ディスプレイを内臓しているので料金確認が安易にできるところも魅力といえます。ただし、本体はやや大きいサイズになります。

分離タイプの特徴
一方、分離タイプのメリットは、本体がコンパクトなので設置が比較的自由に選べるということ。ただし、小さなアンテナ部分は無線通信を感知させやすいダッシュボードやフロントガラスに取り付けます。

ビルトインタイプは、車体インパネ部分に組み込まれているものが多く、設置場所に頭を悩ます必要もなく非常にスッキリとしていて見た目にもgood!カーナビ連動タイプは多少高額にはなりますが、音声ガイドやETCゲートの拡大表示、また、利用履歴の一覧などが表示でき高機能で便利です。

車載器の取り付け

車載器の取り付けは自分で行えばタダですが、安定性や正常に作動しない場合がありますので、ディーラーやカーショップに依頼するべきです。ただし、取り付け費用として1,000円〜5,000円程度必要となります。インターネットにて車載器を購入後、取り付けのみディーラーやカーショップに依頼する場合は、当然取り付け工賃がかかりますが、車載器の購入先で取り付けも行う場合、割引や無料の対象となることもありますので、購入前に確認すると良いでしょう。

セットアップ

あらかじめ車両の情報を車載器に登録することをセットアップといいます。この登録がされていない場合は無線通信が利用できないという訳です。このセットアップは、ORSE(財団法人道路システム高度化推進機構)に登録しているセットアップ店でのみ有料にて行います。費用は3,000円〜5,000円程度。セットアップ店からORSEに情報を届ける際、オンラインであれば当日からの利用が可能ですが、オフラインだと1週間ほどかかるので、利用する前に確認すると良いでしょう。ETC STOPのステッカーが目印となる登録店は全国に2万店以上あります。また、ETCの不正利用防止などから、車両情報は暗号化され高度なセキュリティ技術によって管理されています。そのため、車両変更時や車載器の取替え時などは再セットアップが必要になります。これにより、適正な通行料金が算定されるのです。また、「セットアップ証明書」は紛失することのないよう大切に保管してください。車両変更や再セットアップ時、マイレージ・各種サービスの申込みの際に必要となります。

ETCドライブ開始!

ETCカードの申込み→ クレジット会社の審査→ ETCカードの発行→ 車載器の購入・取付け→ セットアップの申込み→ セットアップ証明書の発行→ 完了!

これで、いよいよ快適なETCドライバーとなります♪
ただし、ETCカードを車載器に差し込むのをお忘れなく!!もしも、ETCカードを入れ忘れてしまった場合、当然ながら料金所の開閉バーは開きません。後続車から追突されてしまう危険性もあります。未挿入カードを知らせてくれるためのアンテナが付いた区間もありますが、完全にカードを車載器に差し込んだことを確認してからドライブを開始してください。これで全て完了です。どんな悪天候や騒音があったとしても気にすることはありません。お金の準備も不要!料金所で渋滞に悩まされることなくETC専用レーンをノンストップでらくらく通行できるのです。

料金の支払い

高速道路をキャッシュレスでスピーディーに走行した際のETC利用代金は、後日まとめてクレジット決算されます。決算時期はカード会社に確認すると良いでしょう。通常のクレジットカード同様、他のショッピング利用分と一緒に銀行口座からの引き落としになりますので、残高確認をお忘れなく!ちなみに、貯めたポイントを高速道路の利用料金に還元できるカードや、ガソリン代がリッター2円〜40円引きになるもの、また、ETCゲート車両損傷お見舞い金制度など、ドライバーに嬉しいサービスが充実しているのでカード選びの参考に!また、カード申し込み時に、車載器とセットアップを1万円以下で提供してくれるサービスもあります。是非、ご確認を!

http://ja.wikipedia.org/wiki/ETC

ページの先頭へ

お申し込み
NEXCO中日本【プレミアムドライバーズカード 年会費 限度額 カード発行 コメント
初年度無料
(次年度からも1回の使用で無料)
-
-
提携レジャー施設で会員優待あり。落下物車両損傷お見舞金制度あり。