ゴールドカードのQ&A 選ばれた大人の証であるゴールドカード。通常のクレジットカードのように誰もが持っているものではありません。ここで疑問を解決して是非あなたもワンランク上の世界へ!

Q&Aで疑問点を解消!

ゴールドカードの年会費は?

通常のカードよりも優れたサービスや特典を提供しますので、当然ゴールドカードは高い年会費を払うことになります。目安は2,000円〜30,000円ほどになります。利用頻度が低ければ高い年会費と感じますが、ポイント還元率や各種サービスに高い補償内容など利用頻度が高ければ高いほどコストパフォーマンスが良いのがゴールドカードの魅力です。

利用限度額はいくら?

カード会社や利用実績によっても異なりますが50〜300万円ほどです。ゴールドカードは通常のカードよりも限度額が高めに設定されています。

サービスや特典にはどんなものがあるの?

通常のカードでは得られないハイレベルなサービスと特典がゴールドカードの特徴です。国内外の主要空港ラウンジの無料使用や、レストランやホテルでの優待予約、高額な旅行傷害保険に手厚い補償のショッピング保険、24時間無休のヘルプデスク、高いポイント還元率など満足度の高いサービスが充実しています。また、ポイント制度もゴールドカードの魅力のひとつ!通常の2倍、ボーナスポイント、アニバーサルポイントなど嬉しいポイントシステム。さらに、会員限定サイトを経由したネットショッピングの場合、通常の20倍以上ものポイントが得られます。貯まったポイントが期限切れで消滅する事のない永年保存などサービスや特典が多彩です。

厳しい審査基準とは?

メリットが多くステイタスとされるゴールドカード。当然、審査は厳しくなります。継続した安定収入があることはもちろん、勤続年数や役職など条件を満たさなければ審査に通りません。また、自営業の場合は判断条件が厳しくなるようですが、職種、年収、自営年数などが問われます。ただし、条件さえ満たしていれば20代でもゴールドカードが持てる時代なのです。

自分に合ったゴールドカードの見分け方は?

実生活で役に立つサービスや特典なのかどうかが判断のポイントです。どんなに優れているゴールドカードでも自分の生活に合っていなければ無駄に高い年会費を支払うことになりかねません。どんな場面でクレジットカードを使用するのか具体的に思い浮かべてみましょう。身近な日常の支払いやショッピングで使用する場合ならば、利用頻度の高いスーパーや百貨店のカードで、ポイント還元率の高いものを選ぶと割引制度や特典も利用できるのでオススメです。また、車を多用する方は、ETC機能付きの石油会社系カードを選べば、ガソリンなどの割引制度を利用しながらポイントも貯まり、万一の事故や故障時にも安心なロードサービスまで受けられます。旅行好きな方には、高額な旅行保険が自動付帯されたものがオススメ。空港ラウンジではもちろん、レストランやホテルでもVIP待遇が受けられます。高いポイントやマイルの還元は旅行の楽しみにも繋がりヘルプデスクは心強いサービスといえるでしょう。ハイリターンが望めるのがゴールドカードの特徴です。

年会費無料のゴールドカードってないの?

カード会社の条件を満たした場合、初年度もしくは永年無料となるゴールドカードがあります。スーパーや百貨店の通常のカードを利用している方の1年間の利用累計額など規定を満たした場合にゴールドカードの招待が届きます。この場合は年会費が永年無料となります。また、引き落とし口座にしている銀行系カードの場合も、利用累計額を満たすと次年度の年会費が無料となるカードがあります。
http://www.ndxa.jp/free.html

ページの先頭へ


お申し込み
MUFGカード 年会費 限度額 カード発行 コメント
2,000円
(初年度無料)
※最大200万円
(新規申込は60万円まで)
-
会員限定の「POINT名人.com」経由によるネットショップ利用でポイント最大25倍,アニバーサリー月ポイント1.5倍,利用金額に応じてポイント最大50%UP,最高2,000万円の旅行障害保険,最高2万円の国内渡航便遅延保険,24時間コールセンター利用可
※ショッピング利用の場合の限度額