ゴールドカードの審査基準  選ばれた人だけが持てる価値あるゴールドカード。ワンランク上のサービスと待遇が約束されているだけに、審査基準は厳しいものとなっています。審査基準はカード会社によって異なりますが求められる条件の例を挙げていきます。

求められている条件

安定した収入と定職

入会基準としてほとんどのカード会社が「年収500万円以上、勤続年数5年以上」としていましたが、銀行系ゴールドカードを除いては現在引き下げられている傾向にあります。また、年会費の安いゴールドカードは審査基準もゆるいため、各社によって幅はあるものの「年収300万円以上でローン残高が無い方」であれば審査通過の可能性は十分あるようです。ただし、年収以上に重要視されるのが勤続年数!これは、継続した安定収入を見る決め手となり重要視される審査基準となります。どんなに安定した収入があったとしても、転職や独立後の審査通過は難しいといえます。また、安定した企業よりも自営業の場合は判断条件が厳しくなります。

年齢制限

年齢の入会基準は「満30歳以上」とするカード会社がほとんどでしたが、現在では引き下げられ「20歳以上」としているカード会社もあります。ただし、勤続年数が少ないと審査に通りにくいことに変わりはありません。20代専用のヤングゴールドカードであれば、大手企業や公務員など信用度によっては新卒で勤続年数が1年未満であっても審査通過の可能性は十分あるといえます。ヤングゴールドカードは、30代になって通常のゴールドカードに切り替え可能なのでオススメ!
≫ヤングゴールドカードの一覧はこちら

過去のローン支払い状況

ゴールドカードの審査で重要視されるのが、安定継続収入とクレジットヒストリー(返済履歴)です。ゴールドカードを作る場合、ローン残高が多いことや過去に支払いの遅延などがあると審査に響きますので要注意です。支払いは決して滞納しないように!

過良好な利用実績

優良なクレジットヒストリーの積み重ねによって与信枠はアップしていきます。それに伴い信頼度も上がります。そのため、同じカード会社が発行する通常のカードからゴールドカードへのランクアップも比較的スムーズにいくようです。ゴールドカードへ新規入会するより断然ランクアップの方が審査通過の可能性が高いのです。ただし、他社からの借入ローン残高がある場合は審査に響きますので注意が必要です。

ページの先頭へ


お申し込み
MUFGカード 年会費 限度額 カード発行 コメント
2,000円
(初年度無料)
※最大200万円
(新規申込は60万円まで)
-
会員限定の「POINT名人.com」経由によるネットショップ利用でポイント最大25倍,アニバーサリー月ポイント1.5倍,利用金額に応じてポイント最大50%UP,最高2,000万円の旅行障害保険,最高2万円の国内渡航便遅延保険,24時間コールセンター利用可
※ショッピング利用の場合の限度額